パワーストーン塩による浄化方法

パワーストーンとの相性はインスピレーションで判るといいます。

その時の気分にピッタリ合う(心が呼び合う)石を見つけてくださいね。

自分の思いを心に描いて直感に従うといいといわれています。


パワーストーン塩による浄化方法

「塩」は昔から「清め」に使用されてきた歴史があります。
相撲でも土俵を清めるとき、まず塩をまきます。
神事、神棚、また風水にも塩による清めが行われてきました。
それは「塩」に特別な浄化効果があるという現れでしょう。

●塩による浄化の手順
塩(できれば天然塩)と器を用意します。
器の中に天然塩を入れ、浄化したい石を置いたり、塩の山の中に石を埋めます。
最低でも1日、そのままにした後、塩分が残らないようよく水洗いします。
天然素材の布(綿・絹など)で水気を拭き取ります。

塩で浄化を行う場合は石の性質を調べてから行います。
塩に含まれる成分によって化学反応を起こす石があるからです
化学変化で浸食、変質しパワーストーン本来の輝きを失ってしまうこともあるので注意しましょう。

◆塩に弱いパワーストーン

フローライト、カルサイト・ラピスラズリ・ターコイズ・マラカイト、クリソコラ他

パワーストーンは購入後、また定期的に浄化すると石本来の力を保つことができます。
パワーストーンに吸収された「汚れ」や「想念」などをクリアな状態に戻す為にも、一定期間毎に浄化を行いましょう。
浄化する際は水に溶ける、光に弱いなど、石の性質によって浄化方法に違いがあるので充分注意しましょう。

●パワーストーンの浄化方法
ハーブによる浄化方法
流水による浄化方法
水晶(クリスタルクラスター)による浄化方法
日光月光による浄化方法
塩による浄化方法
土に埋める浄化方法

パワーストーンミニ知識

天然石 カーネリアン
「勝利の石 カーネリアン」
カーネリアンは、情熱と行動力を呼び起こす濃い赤色から「勝利石」といわれています
。仕事で成果が出せないとき、成績が今ひとつ振るわないとき等に身に付けると効果的でしょう。

赤色は炎、活力、生命力の象徴
ピンクが母性愛だとすれば、赤は燃えるような情熱の色。
恋を勝ち取りたいときにも見方になってくれそうです。

ちなみにカーネリアンが「勝利の石」と云われる所以は、ナポレオンに関係しているともいわれています。彼がカーネリアンを印章に利用していたからだそうです。

パワーストーンとの相性はインスピレーションで判るといいます。

その時の気分にピッタリ合う(心が呼び合う)石を見つけてくださいね。

自分の思いを心に描いて直感に従うといいといわれています。