ダイヤモンドの評価基準 4C

パワーストーンとの相性はインスピレーションで判るといいます。

その時の気分にピッタリ合う(心が呼び合う)石を見つけてくださいね。

自分の思いを心に描いて直感に従うといいといわれています。


ダイヤモンドの評価基準 4C

4Cとは、ダイヤモンドの品質などを評価する4つの要素のことです。
ダイヤモンドには4つの評価基準があります。

『CUT カット』    カットされた形
『Color カラー』    ダイヤモンドの色
『Clarityクラりティー』 透明度
『Carat カラット』   石の重さ

これを『4C』と呼び、ダイヤのグレードが決定します。

ダイヤモンドの色はイエロー、ピンク、ブルーなどがありますが、一番価値の高いものは無色透明だとされています。
天然石の為インクルージョン(内包物)が見られるものもありますが、フローレスと呼ばれる無傷のものほど稀少性が高く、価値があります。しかしながら合成ダイヤが多く出回っている今、インクルージョンは天然ダイヤの証であるともいえます。

この評価基準により、ダイヤの鑑定書に

Good(グッド)
VeryGoog(ベリーグッド)
excellent(エクセレント)

のランクが表示されます。

パワーストーンとの相性はインスピレーションで判るといいます。

その時の気分にピッタリ合う(心が呼び合う)石を見つけてくださいね。

自分の思いを心に描いて直感に従うといいといわれています。