ダイヤモンドの単位 カラット

パワーストーンとの相性はインスピレーションで判るといいます。

その時の気分にピッタリ合う(心が呼び合う)石を見つけてくださいね。

自分の思いを心に描いて直感に従うといいといわれています。


ダイヤモンド単位 カラット

ダイヤモンドの単位は 『カラット』
カラットは、大きさではなく、重さを表します。
1カラットは0.2g
重量が増せば価格も上がります

 婚約指輪などで
「何カラットのダイヤです」
と話している人でも、1カラットがどのような基準で使われているのかを、知っている人は案外少ないかもしれません。

ダイヤモンドの重さを表す単位「カラット」の語源は、インドにあると云われています。
紀元前7〜8世紀、インド南部の部族(ドラビダ族)がダイヤモンドの重さを量る際、天秤の皿にカラットと呼ばれる木の実を乗せて計った単位が、現在も使用されているのです。当時から重量で取り引きされていたというのは大変興味を引く話だと思いませんか? 

パワーストーンの中でもダイヤモンドの歴史は古く、紀元前から『特別な石』と位置づけられていました。
インド神話に登場するインドラ神が右手に持つ金剛杵であることはその如実な例といえるでしょう。

ダイヤモンドはいつの時代も人々を惹きつけ、魅了し、その力を示してきました。
その歴史こそが「最高の宝石」と言われる所以かもしれませんね・・・

パワーストーンとの相性はインスピレーションで判るといいます。

その時の気分にピッタリ合う(心が呼び合う)石を見つけてくださいね。

自分の思いを心に描いて直感に従うといいといわれています。