パワーストーン土に埋める浄化方法

パワーストーン土に埋める浄化方法

 

土に埋める浄化方法は、クリスタルやクラスターに向いている浄化方法です。
埋める場所を選ぶのは重要。
汚染されたような環境ではあまり意味がありません。
花壇や山中など、人が踏まないような場所を選びましょう。

 

●土に埋める浄化の手順
浄化したいパワーストーンを、自然の素材で作られた布(麻、綿、絹)で丁寧に包み、地面を掘って埋めます。

埋めておく期間は、自分がこのくらい・・・と思えるのが目安です。(一般的には3日から10日程と言われています)
埋めた場所が分かるよう、予め埋めた場所に印をつけておきましょう。石が曇ったように見えたとき、パワーが落ちたと感じた時に行うと良いでしょう。

 

パワーストーンは購入後、また定期的に浄化すると石本来の力を保つことができます。
パワーストーンに吸収された「汚れ」や「想念」などをクリアな状態に戻す為にも、一定期間毎に浄化を行いましょう。
浄化する際は水に溶ける、光に弱いなど、石の性質によって浄化方法に違いがあるので充分注意しましょう。

 

●パワーストーンの浄化方法
ハーブによる浄化方法
流水による浄化方法
水晶(クリスタルクラスター)による浄化方法
日光月光による浄化方法
塩による浄化方法
土に埋める浄化方法

 

 

パワーストーンミニ知識

天然石 オブシディアン(黒曜石)
「陰と陽を映し出す鏡」オブシディアン

オブシディアンのパワーの根元は人の持つ暗い想念です。
光と闇は表裏の関係。
私たちの心の中も決して光りばかりではなく、合わせ鏡のように暗い部分が潜んでいます。
オブシディアンの示す暗黒は、その闇を通り抜けるための暗黒のトンネルだと言われています。
オブシディアン(黒曜石)は、世界各地で魔除けやお守りとして、また儀式の時などに利用されていました。
特に中世ヨーロッパでは、オブシディアンで作った鏡を、占いや予言に使っていたといいます。
ブラックホールのように、身に降りかかる災難を吸い取ってくれるという見方もありますが、アクセサリーとして利用する場合は「強い心構えが必要な石」だと思います。

 



【スポンサードリンク】

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

 

参考書籍

全国のパワーストーンショップ紹介

関東のパワーストーン販売店
東京 千葉 神奈川
埼玉 山梨 栃木
茨城 群馬

中部・北陸のパワーストーン販売店
三重 奈良 和歌山
愛知 静岡 滋賀
長野 石川 富山
福井

北海道・東北のパワーストーン販売
北海道 青森 岩手
宮城 福島 山形
秋田 新潟  

関西のパワーストーン販売店
京都 大阪 兵庫 

中国・四国のパワーストーン販売店
岡山 広島 鳥取
島根 山口 香川
高知 愛媛 徳島

九州のパワーストーン販売店
福岡 熊本 佐賀
大分 宮崎 長崎
鹿児島 沖縄


パワーストーン一覧


楽天で探す
楽天市場


パワーストーン浄化方法


サイト内検索


新着記事

免責事項

「パワーストーン天然石の部屋」は情報の最新性、正確性に重点を置いて作成しておりますが、記述内容、リンク先の内容について保証するものではありません。
※掲載希望のショップがありましたら下記あてお知らせくださいませ。

<管理人へメール>
sarada63★live.jp
(迷惑メール防止のため★を@に変えて送信くださいね)

ページの先頭へ